転勤なしのルート営業求人

ルート営業求人TOP >> 条件別 >> 転勤なしのルート営業求人

転勤なしのルート営業求人

ルート営業を含め営業職全般は、すべての職種のなかでも転勤の多い職種です。本社・支社・支店・営業所と拠点が各地にある場合、営業職には必然的に転勤が伴います。本社と工場が同じ敷地にあるような中小企業の場合でも、営業部門は各地に分散されているため、営業職で転勤を避けるのはなかなか難しいです。とはいえ、家庭の事情で転勤ができないとか、前職が転勤が多くて疲れたなどのような理由で、転勤のないことをポイントにルート営業への転職活動を行っている人は大勢います。昔と違って、転勤でもなんでも会社のためなら文句なくバンバンできるという人は実際少ないでしょう。そこで、ルート営業の求人を見る際、転勤の可能性が低そうなものを見極めるためのポイントを紹介します。

まず業種からですが、転勤がないような業種はないと思ってください。どんな業種でも店舗や営業所が複数ある企業なら営業職は転勤が伴います。ただ、転勤が特に多い業種というものはあるので、それを避けて求人を選べば転勤なしの可能性は高くなるでしょう。たとえば、飲食業界や百貨店などは頻繁に転勤があります。特に入社して数年は、経験を積むためということで次々に営業所を渡り歩くことになるでしょう。また、金融業界も転勤が多くなっています。というのも、慣れてくると不正に手を染める者が出るリスクがあるので、3年程度で社員を転勤させるような特殊な慣習が出来上がっているからです。これらの業種を避けるだけでも、転勤の可能性は低くなるでしょう。

次に企業単位で転勤の有無を考えます。まず、転勤の心配がないのが本社しかない企業です。支店や営業所がなければ転勤のしようがありません。中小企業やIT系の企業など一部の地域に集中している企業なら、異動はあっても転勤の心配は少ないという場合もあります。最近の企業には介護や育児に理解のあるワークライフバランスを意識したところが増えていますから、そこに注目するのもよいでしょう。

また、働き方が選べるなら、正社員でも転勤の義務がない場合があります。労働時間や勤務地など労働条件を限定して働ける限定正社員といった働き方がそうです。実際、ルート営業の求人のなかにも、地域を最初から限定した求人はたくさんありますから、「地域限定営業」をキーワードに求人を探してみてください。ただし、転勤可の職種と比べて、給与や昇進に関しては大きく期待できない可能性もあります。その点は最初によく注意して、面接の際にも確認するようにしましょう。

ルート営業の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 ルート営業求人ランキング All Rights Reserved.