中途採用で入りやすいルート営業求人

ルート営業求人TOP >> 条件別 >> 中途採用で入りやすいルート営業求人

中途採用で入りやすいルート営業求人

ルート営業は中途採用でも入りやすい仕事です。新卒採用でなくても、フリーターや異業種からの転職でも、積極的に採用を行う企業は多くありますし、どんな業界でも営業職は必要な職務なので、自分が関心のある業界に絞って探してみるとよいでしょう。まったく社会経験がない場合は苦労するかもしれませんが、アルバイトでも販売や接客の経験があれば、比較的スムーズに採用されるものです。大企業となると志望者も多く、経験豊富なライバルもいますから簡単に採用とはいきませんが、中小企業なら比較的採用されやすい状況です。

営業といえば飛び込みの営業を想像される方も多いでしょうが、ルート営業では、新規開拓よりも既存の顧客に対して営業を行うことがメインになるので、厳しいノルマをこなせないと思っている人でも、人当たりの良い人ならば十分活躍することができるでしょう。

ルート営業と一口に言っても、企業によってやり方はさまざまですが、基本的には既存の顧客から発注を受けた商品を納品し、不足分があればその都度受注することがメインの業務となります。また、顧客の要望に基づいて新しいサービスや商品を売り込むこともあります。ライバル社に契約を取られないように顧客を引き付けながら、売り上げを上げることが求められるので、顧客との関係構築には力を入れる必要があります。中途採用を目指している方ならば、ある程度のキャリアやスキル、人生経験があるはずなので、それらを活かして顧客の興味を引く話題を提供することができれば、大学を卒業したての新卒社員よりも早く、信頼を得ることができるでしょう。

ただし、新規開拓ではないといっても人付き合いが苦手では、ルート営業は苦痛に感じるかもしれません。取引先が決まっているので、長期にわたって特定の担当者と顔を合わせなければいけませんし、相手に歓迎されるように顧客のことを気遣わなければなりません。新規開拓の営業に必要なほどの巧みな話術や演技力はいりませんが、相手から好かれる人柄は持ち合わせておきたいものですし、他人に対する関心が高い方がよいでしょう。ルート営業は新規開拓に比べて楽であるなどという話は誤解ですから、自分の適性をよくわきまえてから応募するようにしましょう。

求人の中には、商品の配送や納品がメインで、顧客へのヒアリングや提案をしないルート営業も存在します。人間関係の構築に自信がない方は、そういう求人を求人サイトなどで検索してみるのもひとつの手です。一方、ルート営業で募集していても、実際は新規開拓が必須であるところもあります。新規開拓の営業では、ある程度の話術と押しの強さ、断られてもめげない精神的タフさが必要ですから、応募の際は求人票の内容をよく確認してから行いましょう。

ルート営業の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 ルート営業求人ランキング All Rights Reserved.