飛び込み営業のルート営業求人

ルート営業求人TOP >> 条件別 >> 飛び込み営業のルート営業求人

飛び込み営業のルート営業求人

ルート営業の求人は数多くありますが、業務内容は企業によってさまざまです。基本的には、既存の顧客からの要望に応じて商品を納品し、顧客に新しいサービスや商品を提案して契約を取り付けることが中心となります。しかし、「ルート営業」と求人票にはあっても、実質、飛び込み営業と変わらないものから、決まった行き先に商品を卸すだけというものまで千差万別です。

話術が巧みでもなければ精神的に特別タフというわけでもないので、飛び込み営業ではなくルート営業を志望しているという人は、事前にしっかり確認しておかなければ、現実とのギャップに苦労することは目に見えています。「飛び込み営業は基本的になし」と求人票にあれば、飛び込み営業は必ずやらなければいけないと思っておいた方がいいのです。逆に、飛び込み営業でたくさんの成果を上げてきた人が、採用されてみると配送と御用聞きぐらいしか求められていないということであれば、モチベーションを保つのに苦労するでしょう。

ですから、ルート営業の求人に応募する時には、自分がやりたいことと応募先の業務内容をしっかり照らし合わせておきましょう。また、面接の際に業務内容をよく聞いて、自分のやりたいことも希望として伝えておきましょう。実際に働き始めてから「こんなはずじゃなかった…」と愚痴をこぼしても遅いですから、企業研究は入念に行っておきたいものです。

しかし、実際に働き始めると、面接で聞かされていた業務内容とまったく違っていた、というケースも中にはあります。飛び込み営業はなく、既存の取引先を定期的に訪問するだけと面接では説明されたものの、実際には、取引先の近隣の企業に飛び込みで営業することを求められるということは、わりとよくあることです。中にはそのために短期間で辞めてしまう人もいるようですが、営業と名のつく職務ですから、ある程度の覚悟はしておいた方がよいでしょう。

ルート営業だけでなく、自分から積極的に新規開拓してやろうという気概のある人の方が、長く続けられる傾向にあります。名目上はあくまでもルート営業ですから、純然たる飛び込みの営業のように、来る日も来る日も電話帳をめくって片っ端から電話で営業をかけたり、マンションや商業ビルを上から下まで1軒ずつ訪ね歩くといった必要はありません。ただ、いつも行く取引先の近所に営業できそうなところがないか探しながら、段階的に営業をかけていけば、無理なく仕事を進めることができます。

逆に、飛び込み営業がやりたいのに、決まった行き先に納品するだけの業務内容だったということで不満に思うような人は、はじめから新規開拓の営業に絞って応募した方がよいでしょう。飛び込み営業はどんな業界でも欠かせない職種なので、自分の関心のある業界で腕試しするチャンスはいくらでもあります。

ルート営業の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 ルート営業求人ランキング All Rights Reserved.