ルート営業の労働時間

ルート営業求人TOP >> ルート営業転職の基礎 >> ルート営業の労働時間

ルート営業の労働時間

営業というと、残業が多く、しかもみなし残業でいくら働いても割に合わないというマイナスイメージを持っている人は多いでしょう。実際、新規開拓の営業にはそういう面があります。ただ、営業職でキャリアをスタートした人は特殊なスキルを持っていない限り、なかなかほかの職種に転職しにくいこともあって、辞めたいと思いながらもしぶしぶ働いている人が多いようです。そんな人におすすめなのがルート営業です。ルート営業とは、取引先の企業を回って注文を取る営業です。新規開拓の営業と違ってすでに決まった顧客がいるので、残業時間が少なく、ストレスもあまりかからないという魅力があります。メーカー相手のルート営業では、取引先の休みに合わせて働くことになるので、休日もカレンダー通りになることが多いです。年間110〜120日ほど休日がある企業もあります。

このように魅力が大きなルート営業ですが、営業職である以上、単なる御用聞きでは務まりません。顧客のニーズを引き出すために、こまめに訪問して取引先の状況を把握しておくことが大切です。また、注文を受けるだけでなく、自社との納期の調整もありますから、社内でも社外でも信用力が問われる職種です。社内・社外ともに安心して任せてもらえるようになるには、きつすぎる納期で受けてきたり、無理だからとむげに断ったりしていてはいけません。その間をうまく調整するのがルート営業に求められる役割ですので、高いコミュニケーション能力が要求されます。

あと、ルート営業に必要になるのは、業界の動向や自社製品の知識です。取引先に尋ねられたときにしっかり説明できなくては営業として信頼を得ることは難しいでしょう。ルート営業のために特殊なスキルというものはありませんが、高いコミュニケーション能力と相手の信頼を勝ち得るためのマメさと誠実さは必要です。それらを備えていれば、新規開拓の営業のようにノルマに追われて長時間の残業を強いられることもないでしょう。既存の顧客との関係を保つことがメインですから、営業マン同士の激しい競争も少なく、ストレスを溜めこむようなことも少ないはずです。

取り扱う商材によって違いはありますが、日中は外回りで取引先を訪問し、夕方からメールチェックや納期調整などを行うのが一般的な仕事の流れですので、午後7時までには帰宅できるケースが多いです。深夜まで残業したり土日も返上してノルマを目指したりというようなキツさはないので、新規開拓には向かないという人でもチャレンジしやすいでしょう。

ルート営業の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 ルート営業求人ランキング All Rights Reserved.