ルート営業の離職率

ルート営業求人TOP >> ルート営業転職の基礎 >> ルート営業の離職率

ルート営業の離職率

営業職は、求人情報を見てもわかるように、他の職種と比べて圧倒的に求人数の多い仕事です。つまり、常に多くの働き手を必要としているということで、裏を返せば離職率が高く、人材確保のために常に求人を出しているということができます。

ただし、ルート営業と新規開拓の営業では、離職率にも違いがあるようです。新規開拓の営業は、文字通り新規の契約を取るための営業ですから、まったく面識のない企業や個人に対して飛び込みで営業をかけることが求められます。商業ビルや個人宅を片っ端から訪問したり、電話帳を使って片っ端から電話をかけたりすることもあり、断られる回数も多く、ノルマを達成するにはとにかく数をこなす必要があります。厳しいイメージがある飛び込みの営業ですが、人付き合いが苦手だとしても、根性と演技力があれば、好成績を上げることも可能です。微妙な駆け引き方法や人心掌握のテクニックうんぬんより、断られても断られても、とにかく訪問件数を増やせば、ある程度は契約を取ることもできます。

しかし、そういうスタイルで仕事を続けることは、精神的な負担が大きいことも確かです。仕事とはいえ行く先々で断られるのはこたえますし、断られることには慣れたとしても、マンネリ化してしまい情熱が失われたという話もよく耳にします。そういったわけで、新規開拓の営業は、多くの人が3〜5年で離職してしまいます。

一方のルート営業は、新規開拓のように飛び込みで営業をかけて断られ続けるという経験は少なく、厳しいノルマがあるわけでもないので、精神的な負担は軽そうに見えます。ところが、一概にそうとは言えないのがルート営業です。既存の顧客から契約を打ち切られないようにするだけでなく、今以上に利益を上げることを求められるので、顧客と上手に付き合うことができないと務まりません。新規開拓より人付き合いに長けている必要があります。顧客から好かれなければ仕事になりませんし、長期にわたって良好な関係を続けるには、顧客に常に関心を持って頻繁に訪問しては、顧客の興味のある話題を提供しなければいけません。単に顧客から要望を聞くだけでなく、微妙な変化にも敏感になり最適な提案ができるように、アンテナを研ぎ澄ませておく必要があります。

人付き合いの苦手な人には向いていない仕事ですが、いったん顧客との関係を築くことができれば、飛び込み営業のように毎日ストレスを感じることはありませんので、長く続けられる仕事です。そういうわけで、ルート営業の離職率は新規開拓の営業よりは低くなっています。とはいえ、安易な気持ちで始めると簡単にできる仕事ではありません。何か目標があってそれを達成するために営業をやっているなどの強い動機がない人は、数年で離職するケースが多くなっています。

ルート営業の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 ルート営業求人ランキング All Rights Reserved.