ルート営業のストレス

ルート営業求人TOP >> ルート営業転職の基礎 >> ルート営業のストレス

ルート営業のストレス

ルート営業のストレスは、ワンパーンの業務内容になってしまって飽きやすい、同じ会社の同じクライアントと接する機会になるので、仕事上でトラブルになってしまったり、性格が不一致で会うことがつらいと感じてしまったりする、などが継続すると精神的な負担になりやすい部署です。自分では気づかないうちに、心理的にノルマやスケジュールのことで精神的な負担を感じてしまう可能性もあるので、早めに業務を遂行することを求められるポジションです。

また、ルート営業と他の業務を兼任する職場であれば、両方の業務を兼任しなければならないので、労働時間が長くなってしまい、精神的、肉体的にも疲労感や、ストレスを感じてしまうことがあります。中小企業に多い傾向ですが、人手不足のために、時間が空いているときなどにルート営業の担当者が他の部署で作業の協力をしなければならない、ということが発生してしまうことがあります。また、繁忙期で労働時間が長いことが多い、ルート営業の担当者が多く、一日に対応しなければならないクライアント数が多い、などもストレス要因になることがあります。

このほか、ルート営業でも厳しいノルマが設定されているときなどは、精神的にも大きな負担になることがあります。ルート営業では、既存の顧客が決まっているため、故知のクライアントに勤務先の会社の都合で、無理を言わなければならないときなどは、板ばさみになってしまい、精神的なストレスが多くかかってしまうことになります。また、新たに新規顧客を確保しなければならない、などの通常の営業と同様の業務を科せられる機会が多くなる、いくら結果を出しても、インセンティブなどの反映がないため、モチベーションがあがらない、などがあります。

ルート営業のストレスは、職場環境によってもかなり違うので、実際に勤務のときの条件をよく確認しておくことが大切です。自分で納得する条件で勤務することで、精神的な負担も大きく減らすことができます。このあたりの条件は、事前に確認しておかないと、意外と見落としてしまう結果になりがちです。どういう条件であれば、余計なストレスを感じず、確実に業務を続けることが出来るのか、ということを見極めることができます。もし現在のルート営業に不満を感じている人であれば、転職支援サイトに登録して、現在のストレス要因のないルート営業の求人などを紹介してもらうことがお勧めです。

ルート営業の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 ルート営業求人ランキング All Rights Reserved.