ルート営業に必要なスキル

ルート営業求人TOP >> ルート営業転職の基礎 >> ルート営業に必要なスキル

ルート営業に必要なスキル

ルート営業の仕事は、すでに関係を築いている既存の顧客に対して、商品やサービスを売り込むスタイルの営業です。新たな顧客を開拓するのではなく、今ある取引先との関係を良好に保つことが求められます。そのためには顧客の現状や要望を的確に把握して、それに適した提案をして売り上げを増やすことのできるスキルが必要となります。ライバル社との激しい競争の中で、顧客のニーズにいかに応えられるか、顧客にメリットを感じてもらえる販売戦略を展開することができるかが肝心です。

新規開拓の営業と比べると、ルート営業は転職希望者の多い人気職ですが、飛び込みの営業より楽ができるというわけではありません。常にライバル社との競争に勝ち続けなければいけませんし、顧客を引き付け続けられるよう魅力的なサービスや商品を常に打ち出して、自社の利益も同時に上げていくことが求められます。ルート営業は常に人と接する必要がある仕事ですから、顧客に好印象を与えられるよう、いつも清潔感を持っていなければなりません。また、顧客が心を開いて本音を話してくれるようにコミュニケーション能力に長けている必要もあります。

ルート営業には必須資格といったものはありませんが、上で述べてきたように、顧客に好印象を与えられる身だしなみとビジネスマナーはマスターしておく必要がありますし、顧客が要望を話しやすいように、聞き上手であるということも大切です。業種を問わず接客や販売の経験があれば、転職活動では有利になるでしょう。また、商品を積んで取引先を回る必要がある会社では、自動車免許が必要な場合もあります。あとは、営業に関わらず、現代のビジネスマンには必須であるPCのスキルは高い方が、業務上有利でしょう。といっても、Word、Excel、PowerPointができれば、ルート営業ならば事足ります。

しかし、結局のところルート営業で成功できるかどうかは、コミュニケーション能力次第です。人付き合いが得意なことは言うまでもありませんが、自分から物怖じせずにどんどん話しかけるタイプより、誰もが話しかけやすい雰囲気を持っているタイプの方が向いています。ルート営業は新規開拓の営業とは違い、既存の顧客と長期的に関係を続けていかなければなりませんから、人に関心があって人から好かれる人でないと長くは務まりません。それに人付き合いが得意といっても、他人の領域にズカズカと入り込むのではなく、付かず離れずの関係で絶妙な間合いを維持できるスキルがある方がよいでしょう。もちろん、誠実であることは絶対必要条件です。

結論としては、ルート営業で長期にわたって優秀な成績を収めるためには、コミュニケーションスキルに長けていることが求められます。飛び込みの営業よりもコミュニケーションが重視される職種ですから、ノルマがなくて楽そうというイメージで志望すると、苦労するかもしれません。

ルート営業の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 ルート営業求人ランキング All Rights Reserved.