ルート営業の退職金

ルート営業求人TOP >> ルート営業転職の基礎 >> ルート営業の退職金

ルート営業の退職金

ルート営業の退職金は企業によってまちまちです。退職金が支給されるものと思い込んでいたのに、退職時にまったく支給されずに当てが外れてしまった、ということのないように、企業に応募する前によく確認しておきましょう。

そもそも退職金は法定の制度ではないので、退職金を支払わなくても違法ではありません。日本では、終身雇用制度が長年にわたって信奉されてきたこともあり、長期間にわたって勤め上げた社員に対して、報奨の意味を込めて退職金が支払われてきました。しかし、終身雇用制度が崩れた現代では、企業によっては大手でも退職金制度を導入していないところもたくさんあります。退職金がもらえる企業に就職・転職したいと考えるなら、求人票の記載だけでなく、面接時に直接訪ねて確認しておいた方がいいでしょう。ちなみに、就業規則に退職金制度の規定が盛り込まれている場合は、請求があれば必ず退職金が支払われますので、就業規則にも注意して目を通しておきましょう。

退職金制度のあるルート営業職でも、その支給基準・方法は企業によって異なります。一般的には、正社員には退職金が支給されても、契約社員では支給されないことが多いです。求人誌に「退職金制度あり」と記載されていたからといって、誰にでも支給されるわけではない場合も多いですから、自分の雇用形態と照らし合わせて、前もって確認しておきましょう。

また、退職金制度があって、雇用形態も支給基準を満たすものであったとしても、勤続年数によって支給されるか否か、支給額はいくらなのかが異なります。一般的には3〜5年の勤続で、初めて退職金支給の基準を満たすことが多いようです。中には1年の勤続で支給されるところもあれば、10年勤続したとしても報奨金の域を出ない程度の金額のところもありますから、気になるなら事前によく確認しておきましょう。

新卒で入社して、ルート営業職のまま定年退職となる人はほとんどいませんが、定年退職での退職金は高額になります。また、リストラなど会社都合で退社を余儀なくされる場合でも、勤続年数によっては高額な退職金を支給する企業も多いのです。人員整理などを目的として、企業が早期退職者を募る場合も、退職金が増額されるケースが多くなっています。逆に、懲戒解雇や諭旨解雇の場合には、減額されるか支給されないことがほとんどです。これはルート営業に限らず、どんな職種にも当てはまります。

退職金制度のあるルート営業の求人を効率よく見つけるには、求人サイトを有効活用しましょう。求人サイトや転職支援サイトの多くで、求人情報を検索する時に条件を指定することができます。「退職金制度あり」のチェックボックスにチェックを入れてソートをかければ、希望の求人にいち早くたどり着くことができるでしょう。

ルート営業の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 ルート営業求人ランキング All Rights Reserved.