ルート営業の自己PR

ルート営業求人TOP >> ルート営業転職の基礎 >> ルート営業の自己PR

ルート営業の自己PR

ルート営業での自己PRは「同じクライアントと長く信頼関係を築けること」を強調するべきです。長く同じ担当者を担当することになるので、長期的な信頼関係が必要になります。クライアントの希望に丁寧に耳を傾けられる、同じ業務でも飽きずに常に数字に直結できるように仕事を続けられる、など継続して仕事を続ける意欲があることが大切になります。面接では、今まで継続してきた自分の人脈や人付き合いの方法などについて、人を大切にしている方法などを答えられるようにしておくことです。

また、ルート営業は管理能力が求められます。クライアントからの要望、自社が取り扱っている商品、打ち合わせや商談の時間の調整、など日々のスケジュール管理が大切になります。これらの時間や情報管理の正確さ、几帳面さはルート営業の武器になるので、細かく情報をチェックできる、記録する習慣があることも伝えるとよいでしょう。パソコンなどの操作で、一日の記録は常に残すことができる、など日常生活の中で意識を持つことでずいぶんと対応が分かってきます。

転職を検討している人は現在の職務がルート営業に役立つと考えられることをPRするのがプラスになります。ノルマがある営業職であれば、新規顧客確保のための手法や、自らの営業に向けた活動方針など、続けていく意欲があることを明確に伝えることが大切になります。状況に応じて丁寧に仕事をする意欲があることで、業務に対する正確さや、継続力を評価されることになります。

新しいことに対して、積極的に取り組む姿勢や、困難に対しても自分で処理できる能力などもPRするとよいでしょう。今まであった業務上のトラブルにどのように対応してきたのか、など人間関係を損ねないためにどのような努力や配慮をしてきたのか、ということも面接ではチェックされることがあるので、正しい報告、トラブルに対する迅速な対応が出来る実力なども、伝えるようにしておくことです。

また、ルート営業の求人のある会社でも、各会社で求める人材が違うことが珍しくありません。それによって自己PRの方針もそれぞれの会社に合わせて対応することで、採用の可能性を高めることが可能です。もし、自分の職歴やキャリアで自己PRするべきポイントが見つかりにくい人は、転職支援サイトに登録して、キャリアコンサルタントに一度相談してみることをお勧めいたします。個人の資質や性格の部分でも評価されるポイントは十分にあるので、その点を十分にアピールすることが良いでしょう。

ルート営業の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 ルート営業求人ランキング All Rights Reserved.