ルート営業の履歴書の書き方

ルート営業求人TOP >> ルート営業転職の基礎 >> ルート営業の履歴書の書き方

ルート営業の履歴書の書き方

ルート営業の求人が出る背景は、業績好調で取引先の拡大を狙うためや、社員の年齢が上がったため新しい風を入れたいなどの理由が多いです。企業によって求人理由はさまざまですから、その企業がどのような人材をルート営業に求めているのかを知ることがアピール力のある履歴書を書くためのポイントになるでしょう。

営業といえば、知らない会社をいきなり訪問する新規の飛び込み営業や、電話帳を見ながら片っ端から電話をかけていくテレアポのようなかなりの精神力を要する職種というイメージがありますが、ルート営業はすでに取引がある馴染みの企業を定期的に訪問することがおもな仕事です。すでに関係が出来上がっている相手に対する営業なので、新規開拓に比べて楽というイメージを持つ人もいますが、そのような甘い考えでは採用はおぼつかないでしょう。自分の何気ない一言が取引先との関係を悪化させてしまうこともあります。顧客との信頼関係を高め、潜在的なニーズを引き出すことが求められますから、それを理解していることは志望動機から窺えるようにするべきでしょう。「お客様に感謝を示しさらなる発展に貢献したいから」という動機も悪くありませんが、ニーズを引き出すための傾聴力や忍耐力を具体的なエピソードを交えてアピールしたいところです。

新規開拓の必要がないのは一見楽そうに思えますが、さまざまな人とコミュニケーションを取るのはそれほど簡単なことではありません。取引先が固定されているということはお付き合いをする人が決まっているということですので、自分と相性の合わない相手でも、信頼してもらえるようにうまく対応していかなければならないわけです。つまり、新規開拓が得意だからといってルート営業も得意とは限らないのです。どんな相手とも上手に付き合って信頼を得るのは、並大抵のコミュニケーション能力では務まりません。逆に、それだけのコミュニケーション能力があることを示せれば、採用側に強いアピールになります。

ルート営業の業務は訪問がメインになりますが、人と話すことが得意なら十分というわけではありません。オフィスでの受注業務や事務作業も必要ですし、業績を上げるには多くの顧客と接触する機会を増やすことが必要ですので、全体を把握して時間をコントロールする能力も求められます。そういうマネジメント能力もあることを示すことができると、単に定期的に訪問すればよいと思っているライバルに差を付けることができるでしょう。

ルート営業の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 ルート営業求人ランキング All Rights Reserved.