ルート営業の志望動機

ルート営業求人TOP >> ルート営業転職の基礎 >> ルート営業の志望動機

ルート営業の志望動機

ルート営業の仕事内容は、基本的に既存の営業先、クライアントなど「同じ担当者」を継続して回ることになります。この意味から「ルート営業」という名称がつけられたので、粘り強く担当した地域を回り、営業を確保することが大切になります。長く同じ営業先を回って、信頼関係を築ける、という人に向いています。継続することに自分の顔も知れてくるので営業の成績に直結していきます。

自社の製品や取り扱う商品について、お客様に正確な知識を伝えることが求められます。また、新たな商品が登場したときなど、自分が担当しているエリアを回ることになります。基本的に同じお客様を担当して回ることを繰り返すことになるので、自社の商品の優位性やお客様にどのようなメリットがあるのか、などを正確に伝えられることが求められます。既存の営業がすでに顧客として持っているために、トラブルや問題を処理する能力や、クライアントの希望に沿う商品を素早く丁寧に届ける力が求められます。

ルート営業は、継続することによってその人の実力が発揮されます。クライアントの信頼関係で一定の営業成績や、新規顧客を紹介してくれる、受注量が増える、などの結果につながりやすい部署です。通常の新規顧客の確保の営業部署と違い、比較的長い時間をかけて、クライアントとの信頼関係を築くことを目的にしている部署なので、コミュニケーション能力や、長い時間をかけて継続して同じ担当者とお付き合いを出来る人が向いています。

また、常に自社の取り扱い商品について理解が必要になります。どのような商品が自社にとって必要なことなのか、ということを知らないとクライアントに詳細を確認したときに説明できなくなります。メーカー関係のルート営業になると、詳しい技術的な説明を求められることもあるので、専門知識が必要になることもあります。

事務職や、営業未経験者からルート営業を希望する方は、転職支援サイトに登録して自分のスキルや職歴で対応可能な転職先を探すことがお勧めです。ルート営業は、欠員が発生したときに急募となりやすく、営業に対する知識がなくても採用される可能性があります。面接で人柄や人間性を評価されて採用される可能性は十分にあるので、思い切って挑戦する価値はもちろんあります。営業関係でこれからキャリアアップを目指したい方、現在の新規顧客のノルマがある営業職よりも落ち着いて仕事をしたい方などに向いているので、ぜひ検討してみてください。

ルート営業の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 ルート営業求人ランキング All Rights Reserved.