ルート営業の職務経歴書の書き方

ルート営業求人TOP >> ルート営業転職の基礎 >> ルート営業の職務経歴書の書き方

ルート営業の職務経歴書の書き方

ルート営業の職務経歴書といっても、書き方が決まっているわけではありません。フォーマットは個人の自由なので、自分がいいと思う書き方を工夫して書いていけばいいでしょう。とはいえ、読む人にわかりにくいようではNGです。これまで自分が残してきたキャリアが一目でわかるように書くことはもちろん、志望先にどれだけ貢献できるかをアピールしていかなければなりません。

ルート営業の職務経歴書で大切なのは、自分の成果をストーリーにして伝えることです。単に売上金額を羅列しても、そこでの実績が志望先の企業において反映されるかは不明です。採用担当者が「これなら自社にも貢献してもらえる」と納得できるように、どのような商材をどのようなスタイルで売ってきたのかを振り返り、そこで得たスキルや経験をアピールしていきます。

まず、前職で担当していたエリアの範囲と扱っていた商材の概要を記しますが、その際は専門用語は控えて簡潔にまとめることに留意してください。概要を示した後は実績を示し、その実績を出すために行ってきた工夫を記します。1日の販売数、月間の売上など具体的な数字を示すことは大切ですが、それだけに終わらず、社内の目標達成率や前年比などを示し、具体的にどのように貢献できたのかが客観的に判断できるように比較対象を書くことが大切です。それから、その実績を出すうえでどのような工夫が役に立ったのかなどを記します。そのポジションにいれば誰でも到達できた実績ではなく、あなただからこそ達成し得たことが伝わるようにしましょう。

次に自己PRや目標を志望先の企業の求める人材像に合わせて書きます。持っている資格やスキルを単に羅列するのではなく、志望先の企業が必要とするものに絞って書いた方が良い印象が伝わりやすいです。自己PRも求められる人材像にマッチするように、不必要な部分は省いてアピールポイントだけに焦点を当てるようにしましょう。

自己PRを作る際に注意したいのが、言葉のチョイスです。ルート営業ではコミュニケーション能力が求められるのはどこの企業でも同じですが、「コミュニケーション能力」という言葉から想起されるイメージは人によって異なります。単に雑談が得意なのと、相手が心を開くまでじっくり取り組み本音を引き出せるのでは、同じコミュニケーション能力でもアピールが異なります。そのためには、具体的なエピソードを交えてPRポイントを裏付けられるように肉付けしていってください。

ルート営業の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 ルート営業求人ランキング All Rights Reserved.