ルート営業の求人倍率

ルート営業求人TOP >> ルート営業転職の基礎 >> ルート営業の求人倍率

ルート営業の求人倍率

求人倍率とは、仕事を欲している人1人に対し、どれだけの求人があるかを表した割合のことです。新規求人倍率という新規の求人数を新規の求職申し込み件数で割った数値と、有効求人倍率という月間の有効求人数を玄関の有効求職者数で割った数値があります。毎月、厚生労働省によって一般職業紹介状況が発表されますが、そのなかに有効求人倍率が含まれ、労働市場における需要と供給を示す数値としてニュースでもよく取り上げられています。この有効求人倍率により、どの職種にどれだけの人が就職を希望しているかがわかるのです。

営業職の有効求人倍率はほかの職種に比べると求職者に有利な数値を示しています。2016年初頭に1.33倍だったのが2017年2月には1.58倍まで上昇しています。つまり、営業職を志望する1人の求職者に対し、1.58件の求人があるということです。求職者1人に1件未満の求人しかない職種も多いなかで、この数値はそれだけ営業職の採用が活発になっていることを表しています。特に活発なのが、金融、IT、人材サービス、広告、不動産などの業界です。以前より景気が上向きになり、ITへの投資拡大や企業の規模拡大・海外展開、新規事業参入が盛んになっていることの影響でしょう。

上記の数値は新規開拓もルート営業も含んだ営業職全体の有効求人倍率ですから、ルート営業のみの有効求人倍率は若干低くなると思われます。しかし、団塊世代が次々に定年を迎えている現在、若い世代の採用は非常に活発です。ルート営業への転職もほかの職種に比べればそれほど難しくないでしょう。採用条件も以前ほど厳しくなく、今では一次サプライヤーに対する営業経験だけでも採用してくれる企業が増えています。

ルート営業への応募者の傾向を見ると、ワークライフバランスを重視している人が多いようです。新規開拓で成績を上げることよりも、既存の取引先との関係を深める営業の方がそれを実現しやすいと考える人が多いのでしょう。特に新卒者の場合、ビジネス全般の知識や経験がないですから、外からのイメージだけで興味を持つことが多いようです。社会に出て視野が広がると、ルート営業だから新規開拓より楽というわけではないことに気づくでしょう。新規開拓の営業で経験を積んで、法人営業にもチャレンジしたくなったということでルート営業への転職を目指す人も多いです。また、将来のキャリアプランのための人脈づくりの手段として、ルート営業に魅力を感じている人もいます。

ルート営業の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 ルート営業求人ランキング All Rights Reserved.