ルート営業の適性(向き・不向き)

ルート営業求人TOP >> ルート営業転職の基礎 >> ルート営業の適性(向き・不向き)

ルート営業の適性(向き・不向き)

ルート営業の適正は、同じクライアントと長く信頼官営を築けるかどうか、というところがポイントです。出来る限り幅広いタイプの人と歩調を合わせることが大切です。基本的に既存の営業先を巡ることになるので、多少の不満やフラストレーションは自分の中できっちりとコントロールをしなければ、ストレスばかりをためやすい職場といえます。同じパターンで、長く仕事をできる人であれば、余計なストレスを感じることなく、継続して仕事を続けることができます。

昔からの人付き合いを大切にしている人、学生時代や大学時代の友人や先輩、後輩とも定期的に連絡を取っている人、などは人脈を新たに築く上でも大きな武器になります。一度、培った信頼関係を長く、大切にできる人はルート営業にも向いている資質です。同じ仕事を定期的に出来れば、そが武器になり、安定して仕事を続けていくことが可能になります。また、定期的に同じ場所を巡ることに抵抗感がない人にも向いています。

ルート営業は、既存のクライアントに合わせるため、基本的に「顔見知り」を繰り返し回るご機嫌伺いの営業が多くなってしまいますが、それだけ丁寧な接客や定期的な訪問、連絡、商談が重要になってきます。継続して同じパターンを繰り返すことが出来る人、同一の仕事を継続することが出来る人にとっては、武器になる部署です。営業以外の仕事をしていた人でも、同様のポジションや定期的に同じ業務をすることに抵抗感が無い人には、向くお仕事になっています。

逆に不向きな人のタイプとしては、同じ人と定期的に使うことが苦手な人、トラブルを解決する能力や処理能力がない人は、一度既存のクライアント様との問題が発生したときに自らの力で処理できない可能性があるので、既存の顧客を守るルート営業には不向きです。新規開拓よりも「顧客を守る」という意識が強い部署なので、どうしてもワンパターンになってしまいがちな部署といえます。

また、人付き合いが極端に偏る、人の好みが分かれる、などの人は営業全体に向いていませんが、特にルート営業の場合には担当のクライアントとうまく合わないときには、仕事の継続が難しい可能性があります。 ルート営業に自らに適性があるかどうか知りたい人は、転職支援サイトの転職コンサルタントに相談してみることも一つの方法です。自分の仕事に対する意欲やこれまでの職歴や経験が武器になる転職先を紹介してくれるチャンスも十分にあります。

ルート営業の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 ルート営業求人ランキング All Rights Reserved.